イオン幹線便 長時間労働 労災裁判

労働者側から、トラックが止まっている時間は作業時間や待機時間であったこと、5時間程度の睡眠時間が続いたのは業務に起因したこと、及び国側医師の意見書は破綻していることの主張を行いました。そろそろ証人尋問の準備に入ります。