イオン幹線便 長時間労働 トラック 労災裁判

労災認定を求める裁判で、原告側は、同僚の陳述書と専門家の反論意見書を提出しました。

被告の国は、専門家意見書が多数引用する海外文献の翻訳を求めてきました。