第三者行為災害の労災 団体交渉

三菱自動車構内で作業中のドライバーが、別の下請け会社のリフト運転手に轢かれた労災事故で、まず、雇用主の企業と団体交渉を持ちました。会社は、相手方が100%悪いとの見解を示しました。