イオン幹線便トラック運転手 長時間労働 労災認定裁判

原告の労働者側は、証人申請まで準備が整いましたが、国側が時間がかかっています。7年前の事件ですから、国は迅速に対応すべきです。