退職後の事故弁済を巡る裁判

退職後に事故弁済を迫られたドラーバーの裁判が簡易裁判所で続いています。退職後1年以上が経過し、経済的には双方にとって負担でしかありません。