長時間労働 労災認定 裁判 - イオン幹線便 トラック

国と労働者側がそれぞれタコグラフの読み取りの整理を継続、国側からは、休憩時間を巡って、会社管理者の陳述書が提出され、次回労働者側がこれに詳細に反論することになりました。