トラック運転手 労災 裁判へ

トラック運転手が構内の下車作業中にリフトの運転手の轢かれた労災で、損害賠償を巡る会社との折衝が実らず、裁判となることになりました。