鋼材運搬トラックドライバー、交渉で業務量確保へ

新型コロナの影響で業務量と賃金が低落していた職場で、交渉を重ねて組合員の業務量の回復を実現しました。