小西生コンの団体交渉が不誠実交渉と認定される

労働委員会は小西生コンが行った一連の団体交渉が不誠実交渉であると認定しました。

他方、組合員への差別行為についての救済は棄却、今後、係争していきます。