イオン幹線便 長時間労働 労災裁判

足掛け8年になる裁判もいよいよ証人尋問の準備となりました。今回の裁判では労働者側は研究者の最終意見書を提出。他方、会社側管理職がこれまでの証言を覆し、業務時間の予想ができずに待機時間が休憩時間でないことが一層明らかになりました。