平等な業務と拘束時間超過の是正を要求 - トラック会社 団体交渉

拘束時間が350時間を超えるドライバーがいる一方、70時間も拘束時間が少ないドライバーもいます。組合は会社が配車係を指導し、平等な業務にするよう交渉しました。