インターバル勤務を協議 トヨタ系部品輸送 トラック会社 団体交渉

トラック輸送は8時間のインターバルが義務付けられていますが、安全講習等乗務以外の勤務はその規制を受けません。組合は、労働者は車通勤をしていて乗務以外の勤務でもインターバルを確保すべきであり、通勤労災の責任や交通事故に使用者責任を負うことを説明、夜勤明け安全講習の出席免除を求めました。