定年後再雇用の賃金を巡る紛争 - トラック会社 団体交渉

定年後も定年前の賃金で働いているドライバーに対して、会社代理人の弁護士が時給1100円への不利益変更を申出て、紛争になっています。

現在のトラック業界は半数近くが60歳以上の職場も多く、労働者の方は年金の支給が65歳になった事により定年以前と同等の収入が必要です。法律家はこのことが解っていないようです。