JP日本郵便の不当労働行為を、愛知県労働委員会に申立

愛知連帯ユニオンは、千種郵便局のゆうパック配達員20人に対する郵便事業株式会社(JP日本郵便)の「団交拒否」と「9月末日契約打ち切り」は不当労働行為であると、申立を行いました。

千種郵便局は、配達員Yさんに「業務委託契約」を結ぶよう依頼し、書類上あたかも配達員19人がYさんの会社の社員であるかのように処理してきました。しかし、実際にYさんを含め、配達員全員の日々の業務を指揮・監督しているのは千種郵便局です。

「9月末契約打ち切り」は、「ゆうパックの10月1日JPEX移行」を理由にしたものでしたが、今や、「10月1日JPEX移行」自身の延期が確定しています。

JP日本郵便は、千葉・船橋や三重・四日市など全国で、「JPEX移行」を契機に大規模な非正規労働者のリストラを進めています。愛知のたたかいはそれへの反撃の第1歩です。