愛知連帯ユニオン運輸分会交流会に5分会20人が集う

安城地区労の事務所をお借りして、三河地方の運輸分会組合員の交流会を行いました。

 今、物流業界と運転労働者は深刻な現実の中にあります。過去に2度のオイルショックを乗り越えてきた物流業界も、1990年の規制緩和と、その後のバブルの崩壊ーリーマンショックにより、慢性的な過当競争の中にあるのです。運賃の低下、発注先が10%づつピンはねする重層的下請構造の下で、物流をマネッジメントする大会社と経営危機の中小零細企業に2極化しています。何よりも運転労働者の賃金が不安定になり、約20%下落していると言われています。

 組合員たちは、団結して労働条件と生活を守っていこう、と話し合いました。