イオン幹線便トラック運転手 労災認定裁判

原告側は、国の主張する労働時間と休憩時間の区別は、何ら実態に照応していないと反論の書面を提出しました。