小西生コン ダンプ部門 残業代裁判

この日は、原告側が1名のドライバーについて、最初の1か月の労働内容の詳細を陳述、会社が休憩としている時間が休憩であり得ないことを明らかにしました。